Now Loading...

TIPS & NOTE

水族館で写真を撮ってみた。水族館撮影のコツ。

水族館で写真を撮ってみた。水族館撮影のコツ。

かわいい生きものがたくさんいる、水族館。

出会ったものすべてを写真に収めたくなります・・が、青く仄暗い室内に特殊な照明、そして俊敏なお魚たち。撮るの難しい。。

 


シャッタースピード優先で、熱帯魚

水槽のアクリル板が反射するので、水槽にぺったりと張り付いて撮ってます。

小さなお魚、スイミーみたいでかわいい!

 


金魚。絞り優先

尻尾をふりふり。

優雅に泳いでいるように見える金魚さんですが・・思いの外動きが速かった!

ピントを合わせるのがムズイです。眼鏡を忘れた!これも痛かった。

 


じっと観察して、予測。

どの子を撮ろう・・と迷っていると間に合わない!

ピントは水面に近いところで固定。観察しながら撮ります。

 

かわいいのが来た。

 

金魚って、口がかわいい。喋ってるみたいだ。

金魚のお顔を撮りたかったので、金魚が来るのを待って、パクパクする前にシャッターを切りました。

 

吸い込んでる・・。スウゥゥ・・

 

撮れた。

 

 


ISO感度で明るさ調整

熱帯魚の水槽はとても明るいのですが、クラゲさんの水槽は暗い・・。

シャッタースピード優先にすると暗くなってしまうので、水槽の明るさによってISO感度を3200か6400で調整しています。

 


ホワイトバランスは電球に

室内は青が綺麗。途中からホワイトバランスを「電球」に。

もっと早く気がつけばよかった。。

 


クラゲって不思議・・

かわいく撮りたかったのですが、むずかしい。オシャレな椎茸、って感じです。

 


ペンギンのおなか

ぷかぷかしてました。やっぱりペンギンかわいいー。

 


使用したカメラ

・Camera:NIKON D3300

・Lens:TAMRON SP 45mm F1.8 Di VC USD

 

今日持って行ったのは明るいレンズ。

水族館撮影には、F値が小さめの明るいレンズがおすすめかも。

 


すみだ水族館

〒131-0045

東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F

 

水族館にはめずらしく、金魚の展示。

「江戸リウム」は、金魚の泳ぐ姿が愛らしく美しく見えるよう展示されており、写真が撮りやすかったです。

 

通路でオットセイとすれ違ってビックリ。かわいいサプライズでした。

新しくて綺麗な水族館。おすすめです!

 

 

share on

TIPS&NOTE TOPへ