「フィルムらしい写真」ってどんな写真?おそらくこんな写真。

「フィルムらしい写真」ってどんな写真?おそらくこんな写真。

フィルムらしい写真とは一体どういう写真なんだろう・・と思うことがあります。というかよくそんなことを考えています。

 

フィルムで撮影しているのに「フィルムらしい写真だ」とか「フィルムっぽいね」などと言っている自分おかしいよな、と思いつつもよく発する、そしてよく聞く言葉です。

 

フィルムで撮ってるんだからフィルムっぽい、じゃなくてフィルムだ。

 

おまけに「フィルムらしいね」と言われると、ちょっと嬉しくなって喜びます。

なんだろう・・。

 


フィルムの風合い?

デジタルで撮影してもフィルム風の加工が施せる昨今、風合いは相応に近づけることができます。

こんな感じです。

 

フィルムじゃなくてもいいのかな。

 


プロセスの違い?

撮ってから写真になって戻ってくるまでの時差。

いつどこで撮ったんだろう・・という謎めいたコマが紛れ込んでいることが楽しかったり。

 

たぶん犬です。

 


記憶の断片としての写真

そういえば以前行ったかもしれない、既視感。

 


力まない写真

フォトジェニックな場所でなくとも、ちょっとしたワクワクや面白いものと出会えた記録。

 


フィルム失敗写真

デジタルで撮影してたら頭にきてすぐ消しちゃう写真です。

 


 

フィルムで写真を撮り始めたきっかけは、お仕事仲間のデザイナーさんからの一言。
「やまさん、デジタルもいいけど、フィルムカメラをやってほしいなー。絶対合うと思うんだよなー。自分で現像してみなよ。」と、得意のメルカリで見つけてきてくれたのがASAHI PENTAX SPという機械式のマニュアル一眼レフ機。

この日を境にして突如わたしは時代を逆走し始め、どんどん不便でめんどくさい方向に向かいました。

この趣味が、日常に彩りを与えてくれたり、わたしを助けてくれることもあり、人とのご縁を繋げてくれたりと、わたしにいろいろなものを運んできてくれました。

いつか、現像するというプロセスにもチャレンジしたい。

 

カメラのデジタル化やスマートフォンの普及など、時代の流れで減る一方だったフィルムの需要。

富士フィルムさんはフィルムで培った技術を医療やヘルスケアの分野で応用し、一度は破綻したkodakさんは市場を広げようと日本で頑張っているようですが。

 

「フィルムらしい写真」の答えは人それぞれ。

一時的なブームで終わることなく、カルチャーとして次世代に残ることを願っております。

 

 

share on