Now Loading...
menu
  • すべて
  • web制作
  • 写真を楽しむ
  • カメラで遊ぶ
  • モノ
  • 旅
  • おすすめツール

いつでもどこでも。ポケットに入るカプセルカメラ OLYMPUS XA2

いつでもどこでも。ポケットに入るカプセルカメラ OLYMPUS XA2

最近カメラを持って出かけると、歩くのがいつにも増して格段に遅いと言われるようになりました。

 

重いんです。。

 

リュックの中には、レンズ二本とフィルムカメラ二つ。

あれもこれも、デジタルまで持ち出したら、もう大変。

 


カプセルカメラ、OLYMPUS XA2

ポケットに入る大きさ。そしてカバーがついている。なんて合理的なんだ。

 

「小さく軽く、ポケットに入れても気にならないカメラ」というコンセプトで開発されたカメラです。

 


XA2のフォントがかわいい

本当にかわいい。

 


カプセルなんです

近未来なデザインですが、ケースレスを実現したカプセルカメラXAは1979年生まれ。

XAをベースに初心者向けの改良が加えられたXA2は、フォーカスの切り替え忘れを防ぐため、スライドバリアーを開閉すると、自動的に中距離に戻る機構を内蔵しています。

忘れっぽいわたしにはピッタリだね。

 

このカバーの部分をスライドさせると、ファインダーとレンズが隠れます。

カバーをしているときは、シャッターはロックされます。すごい仕組みを考えたもんだ。

 


ピントは目測

ピントは目測式の、3点ゾーンフォーカスです。

3つのマークから選ぶだけ。

動力はボタン電池LR44 × 2個です。軽くて小さくて優秀。

 

シャッターは触れるだけ。触れるだけで写真が撮れるので、シャッタースピードが低速でもブレにくいみたい。

 

ちいさくて可愛い。

 


 

またオリンパスのフィルムカメラ買っちゃいました。

最初に買ったのはオリンパストリップ35というコンパクトカメラ。

無駄のないシンプルさとコンパクトな機構ですが、素晴らしい描写。

合理性と機能美を追求したカメラです。

 

かわいくて優秀。OLYMPUS TRIP35

 

なんだろう。このカメラの生みの親、米谷美久さんがだいすきです。

 

 

share on

TIPS&NOTE TOPへ