Now Loading...
menu
  • すべて
  • web制作
  • 写真を楽しむ
  • カメラで遊ぶ
  • モノ
  • 旅
  • おすすめツール

かわいくて優秀。OLYMPUS TRIP35

かわいくて優秀。OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35というカメラ

オリンパスのフィルムカメラ!というと、ハーフサイズのPENシリーズが有名です。

ですが、このTRIP35・・フルサイズです。

 

このカメラ、見た目がころんとしていて本当にかわいい!

見た目だけではありません。

実はとっても優しくて、お利口さんなのです。

 

絞り設定

いつもA(Auto)を使っていますが、F2.8〜F22まで設定可能です。

シャッタースピード

絞りがAで設定されている場合は自動的に1/30秒か1/250秒に、 F値に設定している場合では、1/30秒に固定されます。

被写界深度(ピントが合う範囲)

目測によるピント合わせですが、ゾーンフォーカスは1m、1.5m、3m、無限遠の4段階で、ダイヤルを回して選ぶだけ。 人間1人(1m)、人間2人(1.5m)、ちょっと離れた人が3人(3m)、山(無限遠)のアイコンなのです。なんてわかりやすい!

露出

自動露出になっており、露出がオーバーだった場合、または、アンダーだった場合。

赤いベロが出て来ます。通称「赤ベロ」と言われてます。

この赤ベロが出ると、シャッターが切れないしくみになっています。

そうです。これで露出の失敗、真っ白になったり真っ黒になったりがないというわけです。

すごい。。

 

 

深く考えず、悩まずに撮影することができる。

大事な瞬間を逃すことなく、切り取ることができます。

 

名設計者、米谷美久さんの開発秘話が素敵すぎる

カメラはとっても難しい。大きくて重い。

考えただけでめんどくさい。萎えてしまいます。

 

開発当時、カメラの購入者は男性ばかりだったそうです。

98パーセントが男性、女性は2パーセント前後。

難しい操作は一切なし。ボタンひとつ押すだけでいい簡単なカメラを、というコンセプトで開発されたこのPENシリーズは、累計1,700万台という大ベストセラーに。特に女性に大人気だったようです。

 

実際に使ってみて感じたことですが、撮った写真は素晴らしい描写。

簡単だから、低価格だからといって、質は劣っていないのです。

 

 

このカメラの生みの親、米谷美久さんの開発秘話がとっても素敵!

これができたらもっと便利なのにな…という発想から生まれる新しいモノ。

ご興味ありましたらぜひ!

米谷美久が語る開発秘話 セミオリンパスI~ペン、ペンFシリーズ

米谷美久が語る開発秘話 OM-1~XAシリーズ


追記:わかりやすい!使い方はこちらをご覧ください

この記事を見てくださった方が詳しい解説を書いてくださっています。

ありがとうございます・・!

フィルムカメラ「OLYMPUS TRIP 35」とは、どんなカメラ?

断然わかりやすい!

 


OLYMPUS TRIP35の作例はこちら

OLYMPUS TRIP35 と Kodak Portra800 で撮る、優しい色の夏。

気軽に撮れるサブカメラ。OLYMPUSTRIP35の、遠い記憶。

雨上がり。OLYMPUS TRIP35と海まで散歩。

CONTAX RXとOLYMPUS TRIP35で撮る、冬の横浜。

OLYMPUS TRIP35で撮る、秋の房総。

 

share on

TIPS&NOTE TOPへ