Now Loading...
menu
  • すべて
  • web制作
  • 写真を楽しむ
  • カメラで遊ぶ
  • モノ
  • 旅
  • おすすめツール

かわいくて優秀。OLYMPUS TRIP35

かわいくて優秀。OLYMPUS TRIP35

OLYMPUS TRIP35というカメラ

オリンパスのカメラ!というと一眼レフのOMシリーズや、ハーフサイズのフィルムカメラPENシリーズなどが有名。

このTRIP35はPENシリーズに見た目がそっくりですが、実は・・フルサイズなんです。

見た目がころんとしていて本当にかわいい!

 

・・かわいいだけではありません。

とっても親切で優しい、お利口さんカメラなのです。

 


絞り設定

大概A(Auto)を使っていますが、F2.8〜F22まで設定可能です。

 


シャッタースピード

絞りがAで設定されている場合は自動的に1/30秒か1/250秒に、 F値に設定している場合では、1/30秒に固定されます。

 


被写界深度(ピントが合う範囲)

目測によるピント合わせですが、ゾーンフォーカスは1m、1.5m、3m、無限遠の4段階。

人間1人(1m)、人間2人(1.5m)、ちょっと離れた人が3人(3m)、山(無限遠)のアイコンの、ダイヤルを回して選ぶだけで勝手に最適を判断してくれます。

 


露出

自動露出になっており、露出がオーバーだった場合、または、アンダーだった場合。

赤いベロが出て来ます。通称「赤ベロ」と言われてます。

この赤ベロが出ると、シャッターが切れないしくみになっています。

これで露出の失敗、真っ白になったり真っ黒になったりがなくなります。

なんて優しいカメラなんだ。

 

レンズの周りにある、装飾のようなキラキラした部分。これは光で発電する太陽電池(セレン光発電)です。これが露出計を動作させています。

無駄のないシンプルさは、合理性と機能美を追求した賜物。

 

深く考えず、悩まずに撮影できるので、大事な瞬間を逃すことなくシュパッと切り取ることができます。

 


名設計者、米谷美久さんの開発秘話が素敵すぎる

カメラの操作は複雑。難しくて大きくて、重い。

開発当時、カメラの購入者は男性ばかりだったそうです。

98パーセントが男性、女性は2パーセント前後。

 

難しい操作は一切なし。ボタンひとつ押すだけでいい簡単なカメラを、というコンセプトで開発されたこのPENシリーズは、累計1,700万台という大ベストセラーに。特に女性に大人気だったようです。

 

簡単+低価格。ですが、撮った写真は素晴らしい描写。

 

 

このカメラの生みの親、米谷美久さんの開発秘話がとっても素敵!

これができたらもっと便利なのにな…という発想から生まれるプロダクト。

部品点数を減らすために考え抜かれたギザギザ歯車のコマ送りは、使い捨てカメラなどでも取り入れられています。

 

写真を愛し、アイデアを形に。

たくさんの新しいカメラたちを世に送り出した米谷さんは、オリンパスのカメラ事業だけでなく、その後のカメラ産業にも影響を与えた技術者さんです。

米谷美久が語る開発秘話 セミオリンパスI~ペン、ペンFシリーズ

米谷美久が語る開発秘話 OM-1~XAシリーズ


追記:わかりやすい!使い方はこちらをご覧ください

この記事を見てくださった方が、使い方をわかりやすく解説をしてくださっています。

うれしいです。ありがとうございます・・!

フィルムカメラ「OLYMPUS TRIP 35」とは、どんなカメラ?

断然わかりやすいのでぜひ。

 


いつも一緒に。TRIPさんで撮った写真はコチラデス。

OLYMPUS TRIP35で撮る365日

 

share on