Now Loading...
menu
  • すべて
  • web制作
  • 写真を楽しむ
  • カメラで遊ぶ
  • モノ
  • 旅
  • おすすめツール

写真の編集。迷宮入りしたときには「VSCO」

写真の編集。迷宮入りしたときには「VSCO」

写真屋さんでネガを現像する際、実は簡単に写真編集をしてからプリントしてくれてたりします。

写真屋さんがやってくれてた編集作業って、デジタルでは一体どの作業にあたるのでしょうか・・

 

デジタルカメラで撮影した写真は、写真編集「レタッチ」という作業をして一枚の写真となります。

デジタル一眼レフもコンパクトデジカメも非常に高精細な写真が撮れますが、更にほんの少し手間をかけることで大きな違いが出たり、出なかったり。

 

写真編集を前提とした「RAW(ロー)」

デジタルカメラでは、撮った写真を「JPEG」または「RAW」という形式でSDカードに保存します。

JPEGは、保存する際にデータを圧縮しています。画質は多少劣化している状態ですが、人間の目で見てもわからない程度。

しかし、編集して再度JPEG保存すると更に圧縮をすることになるため、編集の度合いによっては劣化が現れます。

 

RAWは撮ったままの状態でSDカードに保存。

RAWで保存し、それを編集したのちにJPEGで保存することを「RAW現像」といいます。

しかし・・RAWで保存したデータはとっても大きくて、SDカードの容量も逼迫、編集するPCにもある程度スペックが必要。。

 

編集の迷子

普段はJPEGで保存した写真をAdobe Lightroomでちょこちょこっと編集しています。

 

しかし、やりすぎてしまうと現実離れした写真になるし、さじ加減が難しい。。

instagramをはじめとする画像系のSNSでは特に、写真によってテイストの違いが出てしまうとなんだか見てる側も落ち着かないし、、写真の統一感は思いの外重要です。

 

Adobe Lightroomは高性能。

でも機能がありすぎて「いい感じ」「自然な感じ」のさじ加減が、慣れるまではちょっぴり難しいかも。。

 

 

「VSCO」今更試してみた!

簡単におしゃれな加工ができるアプリ、「VSCO」を使ってみました!

用意されているフィルターが、なんだかフィルムっぽい!

3種類のフィルター、実験してみました。

 

C1

C4

C8

 

あれ?なんか素敵だ。

フィルターは全体的にフィルムっぽく抑えめな色味なので、写真の色が破綻することもなさそうです。

 

「VSCO」はなんとSNSなので、参考にしたくなるかっこいい写真にも出会えました。

デフォルトのプリセットは無料。微調整できます。

 

「VSCO」はこちら!

iPhone iPadの方はこちら

Androidはの方こちら

 


追記:有料のフィルターを購入しました

VSCOの有料版を入手。

フィルムフィルターをいろいろ試してみたので、よろしければこちらもどうぞ!

デジタルが夢見たフィルム。VSCOのフィルム風フィルター作例。

 

share on

TIPS&NOTE TOPへ