Now Loading...
menu
  • すべて
  • カメラで遊ぶ
  • 写真を楽しむ
  • 旅
  • モノ
  • おすすめツール
  • web制作

写真とwebの権利あれこれ。よきサイト運営について考える。

写真とwebの権利あれこれ。よきサイト運営について考える。

お蕎麦屋さんで温かいおうどんと海老天丼のセットを食べ、お店に立つ優しいおばあちゃんに「これからお散歩?楽しんでね」と写真を撮るジェスチャーでお見送りまでしていただきました。

 

わたしが写真を撮るってこと、なんでわかったんだろう・・蕎麦屋のおばあちゃん、エスパーなのか。

と思ったんですが、わたしが首からカメラをぶらさげていたからですね。

カメラが身体の一部になったと言っても過言ではないほど、最近は首からぶら下げていることをすっかり忘れていました。

 

楽しくてついつい撮ることに夢中になってしまうのですが、マナーを守っての撮影は大事。

 

写真にもwebにも権利があります。

「権利」という言葉は、日常ではあまり使わないのですが、制作者、企業やお店のサイトを運営する人は特に知っておきたいこと。

この機会に書き残しておこうと思います。

SUMMARY

  1. 著作権ってなに?
  2. 肖像権って?
  3. 施設管理権?そんなのあるの?
  4. Copyright
  5. プライバシーポリシーのページ

著作権ってなに?

写真、映画、小説、音楽、イラスト・・などの作品に対して作者の権利を保護する法律です。著作権の期限は作者没後50年。

写真の著作権も、基本的に撮影者が持っています。

 

運用の際に気をつけたいのは、素材写真を使うときでしょうか。

商用利用、著作権は誰が持っているのかなど。フリー素材であっても商用利用不可の場合もありますので、利用規約は必ず確認しておきましょう。

 


肖像権って?

写っている人、肖像の人権。個人の私生活などが無断で公開されることがないように、プライバシーを保護する権利です。

 


施設管理権?そんなのあるの?

住居や建物。その所有者・管理者が持つ権利です。

撮影で使いたいときには許可が必要で、利用料を支払うケースもあります。

 

商用利用の際は特に、外での撮影は気をつけなくてはいけません。

掲載するときにもチェックしておきたいところです。

 

トラブル回避においては最初に許可を取ることはとても重要・・なのですが、ブログやSNSへの掲載については「載せます」というひと声があるだけでも結果は違うのかもしれないなーなどと思ったりもします。

 


 

さてさて。

つぎは制作を始める前に知っておきたいwebのことです。

 

 

Copyrightってなんだ?

フッターに書いてるこれ「Copyright」は著作権のことです。

記載があってもなくても、サイトには著作権が必ず存在しています。

権利はサイトの持ち主さんのもの。

 


プライバシーポリシーのページ

個人情報の利用について明記するページです。

会員を募っていたりしていなくても、Cookieを使ってユーザーの識別をしたり、アクセス情報を収集している場合もこれにあたります。

某リクルートサイトでの個人情報の第三者提供問題などもあって、昨今Cookieの利用についても明記してるサイトが増えてますね。

 


 

時代によって変わる法律と社会。

テクノロジーの発展とともに、100年先は個人の権利など誰も気にしない世の中になっているんじゃないか・・そんな予感もしますが。

いつの世も、情報は人が発信し人が受け取るもの。

言葉や写真はコミュニケーションの手段です。

相手のお顔が見えなくても、そこには人がいるのだということは忘れないようにしないといけないな、と思います。

 

 

すごくわかりやすかった記事。

インターネットを利用するときの著作権

写真家の著作権ってどうなってるの?フォトグラファーとストックフォトの観点で考える写真の権利問題!

 

 

share on