Now Loading...
menu
  • すべて
  • web制作
  • 写真を楽しむ
  • カメラで遊ぶ
  • モノ
  • 旅
  • おすすめツール

デザインいろいろ。ページネーションのことを考える。

デザインいろいろ。ページネーションのことを考える。

脇役。

とっても地味ですが、見る人に優しい気遣いがなされているページネーション。

 

ノーマルな数字タイプも

よく見るタイプですが、ページネーションってこんなことしてます。

 

1ページ目は、「<」は不要。

 

最初でも最後でもないページのときはこんな感じです。

 

最後のページでは、「>」は必要ないので出しません。

html

<div class="pagenation__wrapper">
 <nav class="pagination">
  <ul class="page-numbers">
   <li><a class="pagination-next page-numbers" href="前のページ"><i class="fa fa-chevron-left"></i></a></li>
   <li><a class="page-numbers" href="1ページ目">1</a></li>
   <li><span aria-current="page" class="page-numbers pagination-current">2</span></li>
   <li><a class="page-numbers" href="3ページ目">3</a></li>
   <li><a class="pagination-next page-numbers" href="次のページ"><i class="fa fa-chevron-right"></i></a></li>
  </ul>
 </nav>
</div>

 

css

.pagenation__wrapper {
  width:100%;
  margin:auto;
}
.pagination {
  margin:auto;
  width: 100%;
  text-align:center;
}
.pagination ul {
  display: flex;
  display: -ms-flexbox;
  display: -webkit-box;
  display: -webkit-flex;
  flex-wrap: wrap;
  border-radius: 3px;
}
.pagenation li {
  overflow: hidden;
  margin: 4px;
  padding: 0;
}
.pagination a, .pagination span {
  display: inline-block;
  width: 40px;
  height: 40px;
  margin: 0 3px 0 0;
  border-radius: 50%;
  text-decoration: none;
  color: #666;
  border:2px solid #fff;
}
.pagination a:hover {
  display: inline-block;
  width: 40px;
  height: 40px;
  margin: 0 3px 0 0;
  border-radius: 50%;
  text-decoration: none;
  color: #fff;
  background:#999;
  border:2px solid #999;
}
.pagination .pagination-current {
  color: #f96da5;
  cursor: default;
  margin: 0 3px 0 0;
  border:2px solid #f96da5;
}
.page-numbers {
  width: auto;
  padding: 0;
  background: transparent
}

 

今いるページ。activeのときと、数字をhoverしたときのcssを用意。

データが全部で何件あるの?とか、ページの現在地だったり・・最初と最後は表示を変えたりなどは、phpで処理しています。

 

でも、ページが増えたときって・・・

ユーザーが探してるもの、果たしてページネーションで見つけられるのでしょうか・・?

 

レスポンシブでもOK。セレクトボックス型ページネーション

ワープできるようにしたいのでプルダウンにしてみたよ。

 

html

<div class="pagenation__content">
 <div class="pagenation-button">
  <div class="pagenation-prev">
<a href="前のページ">prev</a>
</div> <div class="pagenation-selected__wrapper"> <div class="pagenation-selected">
1/3<i class="fas fa-chevron-down"></i>
</div> </div> <select class="pagenation-selected-list" onChange="location.href=value;"> <option value="1ページ目" >1/3</option> <option value="2ページ目" >2/3</option> <option value="3ページ目" >3/3</option> </section> <div class="pagenation-next">
<a href="次のページ">next</a>
</div> </div> </div>

 

ページを表示している背後にセレクトボックスを仕込みました。

プルダウンを選択したらページに遷移するよう、Onclickに。

 

css

.pagenation__content {
  width: 100%;
  max-width: 420px;
  margin: auto;
}
.pagenation-button {
  display: -webkit-box;
  display: -webkit-flex;
  display: -ms-flexbox;
  display: flex;
  width: 100%;
  color: #fff;
  text-align: center;
  background: #333333;
  overflow: hidden;
  border-radius: 3px;
}
.pagenation-selected__wrapper {
  position:relative;
  display: block;
  width: 100%;
}
.pagenation-selected {
  position: absolute;
  text-align: center;
  width: 100%;
  padding: 10px 0;
}
.pagenation-selected i {
  position: absolute;
  right: 20px;
  top: 16px;
}
.pagenation-selected-list {
  -webkit-appearance: none;
  appearance: none;
  height: 100%;
  border: none;
  opacity: 0;
  z-index: 2;
  cursor: pointer;
  color: #333333;
  width: 100%;
}
.pagenation-prev,
.pagenation-next {
  padding: 12px 15px;
  min-width: 60px;
}
.pagenation-prev {
  border-right: 1px solid #fff;
}
.pagenation-next {
  border-left: 1px solid #fff;
}
.pagenation-prev a,
.pagenation-next a,
.pagenation-prev a i,
.pagenation-next a i {
  color:#fff;
}

 

一覧ページで実装しているよ。

 

かわいいページネーションをみつけてしまった

海外のサイト。なんだこれ。かわいい。

6 Creative Pagination Styles

 

ページネーションをせずに、スクロールしたら表示されるとか「もっと見る」を押すと表示されるなどの見せ方も。

読み込みに時間がかかったり、元の位置に戻れないとちょっとストレス・・

 

5G回線の準備が着々と進められているようですが、速くて大容量の通信が当たり前の世の中になったら・・UIの未来も変わっていくのでしょうか。

 

インスタグラムはスクロールする必要すらない。

見終わったら勝手に次の動画が始まってます。

 

なんと!手を使わない・・!寝ながら見れるじゃないか。すごいね!いいね!

スマホで見る、が前提ですが。

 

物を作るときに設計の軸となる「使う人のこと」あれこれ。

 

webサイトも、誰がいつ見ているのか。どんな端末で見ているのかを基準に考えると、最適な答えが出せるのかも。

 

 

share on

TIPS&NOTE TOPへ