サイトの寿命とリニューアルについて考えてみた。

サイトの寿命とリニューアルについて考えてみた。

全然WEBのこと書かなくなっちゃったので書こう。

 

界隈では「サイトの寿命は3年」などと言われておりますが・・

3年にはなにか深い意味があるのでしょうか・・?

 

WEBサイトって目的によって呼び方が変わりますが、大体こんな感じ。

 

・ティザーサイト
・LPサイト
・コーポレートサイト
・ECサイト
・ブログ
・メディア

 

用途によって細分化され、呼び方が変わります。

 

宣伝やキャンペーンのために作られたサイトは商品やサービス、イベントなどを知ってもらうのが目的なので、それが終わったらお役御免、なのはわかるけど・・

データベースがあるとかないとか便利機能が実装されているとか、静的なのか動的なのか、なんのフレームワーク使ってるのか、などなど。

それぞれに適した作り方で作られたサイトですが、どれもサーバに置かれてるhtmlファイルをwebブラウザが読んでいるし、そこは寿命と関係なさそう。

 

うーん。「作り方」ではなくて、サイトの「性質」によって寿命が異なる、ということでしょうか。

 

営業活動上、企業がサイトを用意するときに、どこから予算が出ているのかというのも大きな違いになります。例えば会計上の理由での寿命。

プログラム開発を含んだホームページでは、無形固定資産として計上(耐用年数5年)。

ティザーサイトでは、広告宣伝費となるようで。

 

わかりやすかった記事。

Web担当者が知るべきホームページリニューアルの耐用年数

 

なるほどねー。

 

折角作ったのに、もう壊しちゃうの?とちょっぴり寂しい気もしますが、実際に運用して3年経過してみると、たしかに思い当たることが出てきました。

 


ブラウザの変貌。環境という要因

時間の経過とともに古くなる、というよりもどちらかというと、環境が変わりますと言ったほうがしっくりくるのかな。ブラウザは進化し続けています。

サーバも然り。そして言語も。

バージョンが上がって、古いものはサポートしなくなります。

 

崩壊するようなことはありませんが、環境的なこともちらほらと影響があるといえばあるかも。

 


やりたいことが変わってくる、という内的要因

これからのことに焦点を合わせたとき、箱である「サイト」とその構成も考え直す必要は出てくるのかな。

 

「なにをして、なにをしないのか」がはっきりしていると、制作も運用もスムーズに行くのかも、と、やってて思いました。

 


流行、そして飽きという要因

今年はこれが流行る!みたいなの毎年目にしますが、WEBも然り。

また、端末のサイズもちょっとずつ変わって行ってます。特にスマホ。

お洋服を着替える感覚に似ているのかもしれませんが、今の自分に似合ってるかどうか、見せ方を変えてみようとか、いろいろと見直す機会は必要かもしれません。

 


 

過去そして今と、これからを見つめ直す機会として箱や中身を再構築する。

リニューアルは3年って、ある意味理に適ったものなのかもしれません。

 

箱はもちろん大事。

ですが、それ以上に中身ってすごい大事だなーとか、記事書くって大変だなーとか(写真撮ってるだけ)、運用に掛ける時間と労力によっても、サイトの成長度合いって、多分相当変わるのだろうな、と思います。

 

お問い合わせいただくと「わー!嬉しいな!」って言いながら有難く拝読しております・・!

なかなかお返事できてなくてごめんなさい〜。

 

 

 

 

share on