Now Loading...
menu
  • すべて
  • カメラのこと
  • 写真のこと
  • 旅
  • モノ
  • おすすめツール
  • WEBのこと
  • 撮影スポット
  • みんなの写真展

サイトの寿命とリニューアルについて考えてみた。

サイトの寿命とリニューアルについて考えてみた。

全然WEBのこと書かなくなっちゃったので、たまには書こう。

 

界隈では「サイトの寿命は3年」などと言われておりますが・・

石の上にも3年。三つ子の魂百まで。

長いようで短い3年、3年にはなにか深い意味があるのでしょうか・・?

 

WEBサイトって目的によって呼び方が変わりますが、こんな感じでしょうか。

 

・ティザーサイト
・LPサイト
・コーポレートサイト
・ECサイト
・ブログ
・メディア

 

用途によって細分化されてはいますが、どれも基本的に作りは一緒。そして最終的なゴールも、ざっくり言えば「見た人がなんらかの行動を起こしてくれること」が目的なので・・

サイトの性質によって寿命は異なる、ということでしょうか。

 

営業活動上は、企業がサイトを用意するときに、どこから予算が出ているのかというのも大きな違いになるのかもしれませんが、例えば会計上の理由での寿命。

プログラム開発を含んだホームページでは、無形固定資産として計上(耐用年数5年)。

ティザーサイトでは、広告宣伝費となるようで。

 

わかりやすかった記事。

Web担当者が知るべきホームページリニューアルの耐用年数

 

こういう切り分け方もあるのですね。

 

折角作ったのに、もう壊しちゃうの?とちょっぴり寂しい気もしますが、実際に運用して3年経過してみると、たしかに思い当たることが出てきました。

 


ブラウザの変貌。環境という要因

時間の経過とともに古くなる、というよりもどちらかというと、環境が変わりますと言ったほうがしっくりくるのかな。ブラウザは進化し続けています。

サーバも然り。そして言語も。

バージョンが上がって、古いものはサポートしなくなります。

 

水道管が腐るとかガス管に亀裂が入るとか、シロアリの巣窟になるとか、そんな致命的なものではなく、崩壊するようなことはありませんが、環境的なこともちらほらと影響があるといえばあるかも。

 


やりたいことが変わってくる、という内的要因

これからのことに焦点を合わせたとき、箱である「サイト」とその構成も考え直す必要は出てくるのかな。

 

「なにをして、なにをしないのか」がはっきりしていると、制作も運用もスムーズに行くのかも、と、やってて思いました。

 


流行、そして飽きという要因

今年はこれが流行る!みたいなの毎年目にしますが、WEBも然り。

また、端末のサイズもちょっとずつ変わって行ってます。特にスマホ。

お洋服を着替える感覚に似ているのかもしれませんが、今の自分に似合ってるかどうか、見せ方を変えてみようとか、いろいろと見直す機会は必要かもしれません。

 


 

過去そして今と、これからを見つめ直す機会として箱や中身を再構築する。

リニューアルは3年って、ある意味理に適ったものなのかもしれません。

 

撮り散らかした写真で構成されているこのサイト、そこには存在意義という高尚なものは欠片もありませんでしたが・・

反響をいただいたり、新しいつながりができたり、見ていただいたかたによってサイトの存在意義がつくられた、そんな風に思います。

 

箱はもちろん大事。

ですが、それ以上に中身ってすごい大事だなーとか、記事書くって大変だなーとか(写真撮ってるだけ)、運用に掛ける時間と労力によっても、サイトの成長度合いって、多分相当変わるんだろうなーと思います。

 

お問い合わせもたくさんいただいて、嬉しかったです!

ありがとうございました。なかなかお返事できてなくてごめんなさい〜。

 

 

 

 

 

share on